クレジットカード 滞納

おすすめのクレジットカード
その活用法、トラブルの対処法など、
クレジットカードを検討中の人に
役立つ情報を解説しています。


クレジットカードで支払いを滞納すると?


何かしらの理由で、クレジットカードの支払いを滞納すると、一体どうなるのでしょうか?お金をどうしても用意できないという理由で、クレジットカードの支払いを滞納してしまう可能性もあると思います。一度くらいの遅延であれば、まだそれほど問題ではありませんが、滞納となると事情が変わってくるので注意してください。

 

まず、引き落とし日に残高不足になった場合、クレジットカード会社から再引き落としに関するハガキか振込用紙が自宅に届きます。この時にお金を用意することができれば良いのですが、用意できずにそのまま無視してしまうとクレジットカード会社から催促の連絡が入ります。

 

そして、お金をどうしても用意できず、支払わずにそのまま3ヶ月間以上放置すると個人信用情報センターにその情報が登録されてしまいます。この個人信用情報センターに延滞したという情報が登録されてしまうと、信用を失ってしまい、新しくキャッシングカードやクレジットカードを作れなくなったり、ローンを組めなくなったりします。このように個人信用情報センターに延滞情報が登録されると、この先不利になるので、できる限り避けないといけません。

 

また、延滞をしているのにも関わらず、クレジットカード会社に連絡をしていない場合は、強制解約されたり、裁判所から支払督促状が届く可能性もあります。仮に裁判所から支払督促状が届いた場合は、預金口座を差し押さえられる可能性があるので、注意してください。こういった大ごとにしないためにも、滞納しそうな場合はしっかりとクレジットカード会社に連絡をするようにしましょう。


その他のおすすめコンテンツ

当サイトには他にもクレジットカードのお得な使い方や基礎知識に関する記事がございます。
是非、トップページにてコンテンツ一覧をご覧ください。

>> クレジットカードのおすすめは?【賢い選び方・使い方・基礎知識】トップへ