クレジットカード 枚数

おすすめのクレジットカード
その活用法、トラブルの対処法など、
クレジットカードを検討中の人に
役立つ情報を解説しています。


クレジットカードの限度数と理想の枚数


クレジットカードは何枚まで持てて、何枚くらいがちょうど良いのか疑問に思っている人もいるでしょう。まず、クレジットカードの限度枚数ですが、一人の人が持てる枚数に特別なルールは無いので、何枚でも所有することができます。5枚でも10枚でも20枚でも自分が必要と思えば、いくらでも所有できるのがクレジットカードというものです。

 

ただし、あくまでも支払い可能見込み額内というのが条件なので、いくらクレジットカードをたくさん持ちたくても、支払い可能見込み額を超えるようであれば、クレジットカード会社に断られます。

 

そして、クレジットカードの理想の枚数はその人のライフスタイルや年収などによって大きく変わるので、一概に何枚が理想だとはいえません。例えば、年収800万円とか年収1000万円の人の場合は、数百円の節約などにあまり興味が無いと思うので、1枚あれば十分です。そういった高収入の人は、せっかくなので、色々な特典があるグレードの高いクレジットカードを所有された方が良いでしょう。

 

年収500万円~600万円くらいの人は、3枚~4枚くらいを使い分けるようにした方がクレジットカードをお得に使うことができます。このくらいの年収の人であれば、3枚~4枚ほどクレジットカードがあれば困ることがないと思います。

 

年収が500万円以下の人は、節約生活を行うためにもある程度のクレジットカード枚数が必要になってくるので、5枚~6枚持つようにしましょう。5枚~6枚であれば効率良くポイントを貯めることができますし、十分管理ができる枚数なので、このくらいの枚数が理想です。


その他のおすすめコンテンツ

当サイトには他にもクレジットカードのお得な使い方や基礎知識に関する記事がございます。
是非、トップページにてコンテンツ一覧をご覧ください。

>> クレジットカードのおすすめは?【賢い選び方・使い方・基礎知識】トップへ